Momikich ism

2014.09.28【費やした努力だけの価値】

私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。

                         モーリアック(作家)

どれだけの時間を費やしたかではなく、どれだけのことをしたのか、内容を重視しよう。

時間をかけることは大切なことだけれども、時間をかけること自体に自己満足して 基準を誤解しないように注意しよう。

時間と行っている内容が適正なのか考えてみよう。

もみきち

2014.09.14【使う時には引き絞る】

弓は使う時には引き絞るが、使わぬ時は緩めておくものだ。                           ヘロドトス(歴史家)

集中して全力を出し切るときと、そうでないときのメリハリをつけるようにしよう。 いつも緊張感を持ち意識を高めておくことは理想だが、それを続けるのは 無理があるし長続きはしない。集中するポイントを見極めて、そこで全力を出そう。

もみきち

2014.09.7【黙らせたからといって】

相手を黙らせたからといって、その人を説得できたわけではない。                             ジョン・モーリー(政治家)

相手が納得できていなければ、その場しのぎのことで終わり、前には進んでいかない。 相手の話を聞く姿勢がなければ、相手を追い込むだけの自己満足で終わってしまう。 一方的なコミュニケーションから、聞く余裕の持てる接し方に変えていこう。

もみきち

2014.08.31【アウトプットを中心に】

仕事を生産的なものにするには、成果すなわち 仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。

                              ピーター・ドラッカー(経営学者)

どのような成果が出たのかを、客観的に見つめなおしてみよう。

自己満足しているだけで、たいした成果には結びついていないこともある。

成果を客観的にはかることで、具体的な修正点も見えてくる。

もみきち

2014.08.24【予兆は必ずある】

将来とは突然やってくるものではなく、過去の延長線上、今日の延長線上にある。

だから予兆は必ずある。

予兆の段階から観察し、 そこに働いているいろいろな力を見て、

結果的にどうなるかを見抜くのだ。

                  大前研一(経営コンサルタント)

これから環境がどう変化していくかを察知して、早めに対策をしていこう。

いまと同じ状態が続く保障はなく、変化しなければ、やがて対応できなくなる時が来る。

この先の流れを読んで、今から対処すれば、環境の変化と共に成長していける。

もみきち

1 2 3 4 5 6

もみきちお問い合わせ