Momikich ism

2014.07.27【感謝の気持ち】

仕事をしてゆくうえで、感謝の気持ちほど貴いものはない。

                          永野重雄(実業家)

常に感謝する気持ちを忘れずに、周りの人と接せるように心がけよう。

仕事が成り立っているのは、たとえ間接的であっても、多くの人の支えがあるからで 決して自分一人の力ではない。

感謝の気持ちは、仕事をすすめる潤滑油になる。

もみきち

2014.07.20【操ろうとしている行動】

いくら人間関係を改善させるためのテクニックを使ったとしても、

それはすべて相手を操ろうとしている行動にしか見えない。                      

          スティーブン・R・コヴィー(経営コンサルタント)

相手を変えることよりも、相手のことを理解することを、まず先に考えてみよう。

相手の立場で、何をどう考えているかを把握すれば、どうすればよいかも見えてくる。

自分中心で考えていては、関係改善のポイントは、いつまでも見えてはこない。

もみきち

 

2014.07.13【挑戦する自由】

我々は限りある身ではあるけれども、 誰でも限りないものに挑戦する自由を持っている。

それを自ら放棄してはいけない。

            野村克也(プロ野球監督)

自分で選択する、挑戦する自由は、誰にもあるということを意識しておこう。

リスクと責任を自分で負う覚悟があれば、誰にでも選択する自由はある。

しかし、それを負う覚悟がなければ、自分に都合よく、自由だけは手にできない。

 

もみきち

 

2014.06.15【最大の責任を持つのは 】

自己啓発に最大の責任を持つのは、本人であって上司ではない。

                        ピーター・ドラッカー(経営学者)

自己成長は、自己責任であるということを、自覚しよう。

たとえ周りの環境がどうであれ、会社や上司は、成長の保証まではしてくれない。

不満や愚痴を言っていても、自分自身が動かなければ、自己成長はできない。

もみきち

2014.06.8【多くの仕事をする早道】

多くの仕事をする早道は、今すぐただ一つの仕事をすることである。

                    サミュエル・スマイルズ(作家)

優先順位をつけて、一つずつ確実に実行していくことを心がけよう。

多くのことを考えすぎて混乱してしまうと、どれも中途半端になり、不安になってしまう。

一つずつ片づけていけば、要領もつかめてくるし、やがて効率もアップしてくる。

もみきち

 

1 2 3 4 5 6

もみきちお問い合わせ